ブログ全体の目次


ビートルズ,サザンオールスターズ,グループサウンズ,ディープパープル,歌謡曲など、なんでも生バンドで歌える店/新宿エンターテイメント・参加型ライブハウス/送別会,歓迎会,結婚式二次会,同窓会,貸切ライブもどうぞ
by hiwatari-21-seiki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
仲良くハードロックしますか?
週末の金曜日。
連休前のせいか、少し寂しい入り。

しかし、個性派揃いでホットな夜。

まずは、静岡のスーパーギタリスト登場。
以前、東京におられた時にはよく来ていただいていたが、いつの間にか静岡に転勤されていた。
先日、久々にお越し頂き、この夜は前回の余韻を引きずって、何かやってもらえそうな予感。

「哀愁のヨーロッパ」と似た曲「哀愁の焼津(訂正済)」をテレキャスターで弾いていただく。
(ストラトは何処へ・・・)
f0001054_19142256.jpg

まさに「泣きのギター」とはこの事で、ギターも表情豊かだが、お顔は更に豊か。
B.B.Kingのようなプレイ(顔?)で熱いブルースもやっていただいた。
(お連れ様は口笛王子《こちらも訂正済》!)


続きましては、この日の早い時間のライブに出演されたお客様。
ライブの時は一曲だったが(一曲でもインパクトは特大)、夜の営業では怒涛のハードロック・シリーズ。
f0001054_19153418.jpg

お堅い職業のハードロッカーとコラボ。
ディープ・パープル、クィーンと黄金メニューだ!
(気が付くと、前述の「静岡のスーパーギタリスト」が「Smoke On The Water」のイントロを弾いていた・・・)

深夜には外資系ミュージシャンが登場。
ベースの太い音色にディストーションギターが絡む。
どんどんヒートアップして、まさに「アミーゴ!」。
f0001054_1916219.jpg

お連れのお客様も大満足。
(タクシーを待たせちゃいました・・・。)




土曜日は練習のしすぎで腱鞘炎気味のギタリストが登場。
サポーター姿が痛々しいが、やはりギターを見ると燃えてくる模様。
「ジェフズ・ブギ」に始まり、ハイテクニックを披露。
(オリジナル曲を楽しみにしています。)

このお客様、日本が誇るギタリスト「Char」の後輩だそうで、Char氏の駆け出しの頃の裏話も聞かせて頂いた(得した気分)。


雪が積もるほど寒い季節になりましたが、連休明けも生バンドで大いに盛り上がって下さい。


ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-02-11 19:20 | 日々の営業
<< ご一緒に歌いましょう 大人のバンド「The Funk... >>