ブログ全体の目次


ビートルズ,サザンオールスターズ,グループサウンズ,ディープパープル,歌謡曲など、なんでも生バンドで歌える店/新宿エンターテイメント・参加型ライブハウス/送別会,歓迎会,結婚式二次会,同窓会,貸切ライブもどうぞ
by hiwatari-21-seiki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2008年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
ボーカル教室・生バンド発表会、さらに熱演!
ボーカル教室・生バンド発表会。
この日は中央線沿線教室の生徒さん。

オーナーさんはまさに青年実業家といった感じ。
生徒さんのために早くからビデオ撮りの準備。

続々と生徒さんが集合して、いざ本番。
世代的にはさまざま。
知的な博士風な壮年の人、オーナーさんのご友人、グループ参加で楽しい振り付け付きの人々、ギター一本で笑いの渦に引き込む猛者、アイドル的な素敵なレディ、ハイトーンなボーカリスト、ミュージカルをルーツに躍動する人、ハードな熱演で拍手喝さいの人などなど多彩なメンバーで楽しく進行していく。

f0001054_1844533.jpgf0001054_18444322.jpg







生バンドが初めてという人も多かったが、「気持ちよかった!」「リズムがグイグイ来て乗りました。」などのありがたいお言葉。
逆にキーが違って曲の途中で強引にキーチェンジした曲も(すみません、あらかじめ気が付いていれば・・・)。

ラストは先生の登場。
さすがのパフォーマンスで生徒さんも納得。

毎回やるごとに、我々21世紀ハウスバンドも良い勉強になる。
反省点も踏まえながら、さらに気持ちよく歌って頂けるよう、精進したいと重います。

どうぞ、次回も生バンドを楽しんで下さい。
f0001054_18452973.jpg



ブログランキングへ


この日のメニュー
1部
☆アジアの純真(Puffy)
☆Fantasy(アースウィンド&ファイアー)
☆三日月(絢香)
☆ダイアモンド(プリンセス・プリンセス)
☆スローなブギにしてくれ(南佳孝)
☆Honesty(ビリー・ジョエル)
☆ロンリーチャップリン(鈴木聖美&Rats&Star)
☆Doolin-Dalto(イーグルス)
☆黒いブーツ(sophia)
☆雪の華(中島美華)
☆TOMORROEW NEVER KNOWS (Mr・Children)
☆Day By Day(Jazz Standard)
☆Through The Fire(チャカ・カーン)
☆A Whole New World(ピーポ・ブライソン&レジーナ・ベル)
☆Desparade(イーグルス)
☆Happy hungry Days (CHEARCOAL FILTER)
☆酒よ(吉 幾三)

2部
☆VALENTI(Boa)(DVDLIVEバージョン)
☆Can't Give You Anyting(スタイリスティックス)

☆You Make Me Feel Brand New 誓い(スタイリスティックス)
☆CROSS ROAD(Mr・Children)
☆しるし(Mr・Children)
☆桜(コブクロ)
☆I LOVE YOU(尾崎 豊)
☆恋するカレン(大瀧 詠一)
☆色彩のブルース(エゴ・ラッピン)
☆あの日に帰りたい(荒井 由美)
☆35年目の初恋気分(オリジナル~ギター弾き語り)
☆タッチ(岩崎 良美)
☆六本木心中(アン・ルイス)
☆NewYork State Of Mind(ビリー・ジョエル)
☆花(石嶺聡子)

ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-31 18:48 | 貸切ライブ
サザンオールスターズ 30周年
今年はサザンオールスターズ・デビュー30周年だそうだ。

ネットで調べてみると1977年にヤマハ「EAST-WEST」に出場、桑田圭祐氏がベストボーカル賞を獲得。
翌年1978年に「勝手にシンドバッド」でデビュー。

自分が小学生の時に見た「ザ・ベストテン」でのサザンは衝撃的だった。
桑田圭祐氏が上半身裸でシャウトしまくっていたシーンを思い出す。
「とんでもないバンドだな」というのが当時の感想。
まさか、こんなビッグスターになるとは思っていなかった。
 (先見の明が無かった・・・)

友人達が4枚組アルバムを聴いていたりしたが、自分はあまり興味なく過ごしていた。

サザンオールスターズを意識したのは、学園祭でKUWATA BANDの曲をやることが決まってからだ。
自分はマイケル・シェンカー・グループなんかをやりたかったが、学園祭らしくないので、流行の曲をやることに。
渋々ながらKUWATA BANDの曲を聴いたが、これがカッコ良かった。
カッコいいアレンジで「Hey Jude」や「Smoke On The Water」までやっているではないか!

それから熱心にコピーしたのを思い出す。

KUWATA BANDのルーツはサザンオールスターズということで、遅まきながら聴くようになった。
(「いとしのエリー」を知ったのは「ふぞろいの林檎たち」の再放送だった。)

気がつけば、桑田圭祐氏の音楽性の深さに感銘していた次第。
(ジャズアルバムも出していましたね。)

プチ自慢は上京して始めた新聞配達で桑田氏の家に配達したこと。
先輩に「ここがKUWATAの家だぞ」と教えられて、家の大きさにびっくり。
「あぁ~、有名アーティストはすごいな~」

何度か奥さん(原由子さん)が商店街で買い物をしているのを見かけたこともある。


ブログランキングへ


ということで、当店でもサザンの曲は大人気。
よく歌ってもらうのは「TSUNAMI」「ホテル・パシフィック」「いとしのエリー」「勝手にシンドバッド」「Ya-Ya- あの時を忘れない」など。

今年は30周年ということでサザン強化年間ですね。

  生バンドで歌えるサザンオールスターズの曲リスト(本日現在)

今年は再始動するらしいので楽しみです。
(どんなインパクトを与えてくれるのでしょう?)

ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-30 05:40 | サザンオールスターズ
若きビートルズフリーク
この日は某有名国立大学ビートルズサークルの貸切ライブ。
10以上のバンドが出演。
一年生が中心となって盛り上げる。
(年々、就職活動が早くなっている影響か?)

サークル内のお楽しみライブなので、ビートルズのみならず、オアシスやミスチル、クラプトンなど、思い思いに好きな曲を発表。
(「オアシスが好き!」というのは学年が上がるにつれ、微妙になってくるらしい・・・。)

しかし、やっぱりビートルズサークル。
ジョンもポールもジョージもリンゴもいるものだ。
黒いスーツに身を包み、さっそうとビートルズならではのハーモニーを聴かせるバンドも。
音色も雰囲気もまさにビートルズ。
f0001054_17372513.jpg

以前も某有名私立大学ビートルズサークルライブのレポートをさせてもらったが、やっぱり各大学にいるのですね、マニアが。
特に「Misery」「Chains」は印象的でした。


ブログランキングへ


ゲストはクラプトンバンド。
昨年のウチの店のビートルズイベントでお世話になった人が中心となって結成。
こんな引出しもあったのですね。

大学生の音楽性の高さに驚きの日でした。

ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-29 10:04 | 貸切ライブ
ホールインワンでベンチャーズ・バンド復活
めでたく(?)ホールインワンを達成のお客様、大好きな仲間を呼んでライブパーティーだ。

メインバンドは大学時代に青春を過ごされたエレキバンド。
ベンチャーズ・加山雄三・グループサウンズ系をご自慢のモズライトで決めて頂く。
「ブラックサンド・ビーチ」「夕日は赤く」などなど昭和の名曲ずくしだ。
f0001054_9391933.jpg

皆さん、お仕事が忙しくリハーサルは二回のみだったそうだが、全然それを感じさせないコンビネーションで懐かしいサウンドを出していただいた。
(リズムギターの人は何十年ぶりに倉庫から楽器を出されたそう。カビが生えて無くて良かった・・・。)

この主人公のお客様、この日はギターのみならず、歌にドラムに大活躍。
グループサウンズの名曲「好きさ好きさ好きさ」ではドラムを叩きながら、片手を耳にあてて「お前のすべてを~」。
このポーズで何人の女性が熱狂したことか。

アコースティックギター(マーチン!)も披露していただく。
上質のピックアップで気持ちの良いサウンドだ。

ゲストは「高価なバイオリン」のお客様。
以前にやっておられたそうだが、近頃、本格的に復活。
「タイスの瞑想曲」を始め、心地の良い音色を醸し出していただいた。
(今年の発表会も楽しみですね。)


ブログランキングへ


生オケタイムでは我々21世紀バンドがバックを務めさせていただいて、お客様も一体となって盛り上がる。
(「憧れのハワイ航路」も出た!)

再びエレキバンド「Blue Stars」のステージ。
お酒も進み、すっかり場が和んで、自然とダンスのお客様も。
f0001054_9421133.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎ、お開きの時間。
記念のタオルとともに皆さん笑顔で二次会(?)へ。

ゴルフ仲間を中心にとっても楽しい雰囲気でやっていただいたパーティーでした。
今回をきっかけにバンドも復活(?)ですね。

改めてホールインワンおめでとうございました!

ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-24 09:50 | 貸切パーティー
マスターバースディ「今年も元気!」
2008年のスタートを飾る当店マスターのバースディパーティー。
沢山のお客様にお越し頂き、素敵なお花も溢れんばかりに頂きました。
(皆様、ありがとうございます。)
f0001054_198668.jpgf0001054_1927683.jpg












f0001054_198528.jpgf0001054_1992479.jpg






この日は舟木一夫「高校三年生」、橋幸夫&吉永小百合「いつでも夢を」、大親友のエンディ山口さん(元ピンキーとキラーズ)とは「キエンセラ」「ルート66」などの懐かしいナンバーを披露。
大盛り上がりのバースディパーティーとなりました。

f0001054_19101069.jpgf0001054_19104411.jpg






皆様のおかげで益々元気なマスターです。
本年も宜しくお願いします。

ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-22 19:16 | イベント
やっぱりベンチャーズはモズライト?
今週の土曜日に貸切パーティーをやっていただくお客様。
この日はリハを兼ねてご来店。

前々日に宅急便で楽器を送ってもらっていた。
「これぞ、ベンチャーズ!」というモズライトだ。
f0001054_544157.jpg



音を出していただいたが、「やっぱりベンチャーズはモズライトだな」と思わせる音色。
「ダイヤモンド・ヘッド」に始まり、「ブラックサンド・ビーチ」「パイプライン」などなどオンパレード。
ブライトかつ伸びのある音色が心地良い。

他のベンチャーズフリークのお客様も羨望のまなざしで見つめる。
(自分もまたまた欲しい病が・・・)
こちらのお客様は「ブルドッグツイスト」で応戦。
加山雄三、グループサウンズ特集も出た。

店内、ほのぼのとした雰囲気でエレキ合戦。



次の日に先駆けて当店マスターのバースディ祝いでお越しのお客様も。
(おいしいケーキをありがとうございました。)

素敵なレディーからは綺麗なバラの贈り物が。
  (写真はマスター愛用のウクレレと共に)
f0001054_5281615.jpg



さあ、いよいよマスターバースディの本番です!


ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-18 05:32 | ベンチャーズ
アコースティックギターを好きな人々
最近、ギターを始められた女性。
お世話になっているギターの先生にご紹介頂いた。

「ギターを弾くのがとっても楽しい」とのこと。

FとFmを押さえられれば第一関門突破。
(自分も始めはアコースティックでコードが押さえられずに挫折。エレキで押さえられるようになって、今もギター継続中。)

この女性は常にメッセージを発している人で、文章を書こうが、ギターを弾こうが、歌を歌おうが、芝居をしようが、すべてこの女性そのもの。

この日は、温かい人柄溢れる歌を御披露していただいた。
オリジナル曲は「人生、笑顔で前向きに生きれば良いことあるのよ」というメッセージ。
他にも越路吹雪さんの「ろくでなし」「愛の讃歌」を歌っていただいた。


他にもメッセンジャーがご来店。
まだ、若いのに昭和歌謡が得意な青年。
ギターを爪弾きながら、「骨まで愛して」などを昭和的ボイスで披露してもらう(恐るべし・・・)。

坂本龍馬のおひざ元、高知県出身の青年はスピッツの「チェリー」だ。
(こちらもギター弾き語り)

アコースティックギターの音色がメッセージに優しく絡む。

自分もアコースティックに挑戦しようかな?
(エレキ慣れしている自分には高いハードルか?)

マスター愛用・YAMAHA製の鳴りの良いオールド・アコースティックギターも常駐となりました。皆さん、可愛がってやって下さい。
バンドの休憩時間も弾けます(歌声喫茶状態も良し)。
f0001054_516458.jpg


ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-12 17:21 | 楽器
大人の社交場(音楽で)
30年近くお越しのお客様。
当店の歴史に数々の伝説を残してきた人だ。

この日は新しいお客様をご紹介頂く。
生バンド初体験だそうで、ドキドキしながら歌って頂く。
「生バンドってこんなに気持ちがいいのですね~。」とありがたいお声。

このように言って頂くのはバンドマンとして何よりだ。

上記の伝説のお客様も十八番の「あんたのバラード」を久々に披露。

昨年、飛び込みでお越し頂いたお客様と意気投合で名刺交換。
(このお客様、6時半《営業前》からラストまでお付き合い頂きました。)

お客様同士が名刺交換という場面は結構ある。
音楽が好きという共通項で仲良くなれる。
(実際にお仕事に生かされる事も)


早い時間にはもう一人の伝説のお客様もご来店。
上記の六時半のお客様とアニメソング「ガッチャマン」を共演。
アリスナンバーもコラボしていただいて仲良しに。

前日はイカしたサックスプレイヤーのお客様が引っ張りだこ状態。
(2月8日に当店で貸切ライブ決定!)


まさに音楽を通じての「大人の社交場・ライブハウス21世紀」。
これからも新しい出会いが生まれそう。
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-10 11:45 | 日々の営業
サックス a Go!Go!
いよいよ2008年がスタート。
2008年最初のお客様はこのブログでも何度か登場して頂いたサックス・マスター。
f0001054_433447.jpg

昨年末にバイクの大型免許も取られたそうで、さっそく山中湖までツーリングされたそう。
ハーレーにふさわしい皮ジャンを羽織ってカッコ良く決めて頂く。
王道のジャズフレーズが心地良い。

高校時代から友人のお客様。
半年に一度、集まって旧交を温めて来られたそう。
あ・うんの呼吸でハーモニーが決まる。
(ビートルズ来日公演の時は小学生だったそうで、武道館に駆けつけたらしい。)
f0001054_4422857.jpg




ブログランキングへ



本年も生バンドで歌って(弾いて)踊って、大いに楽しんで下さい。
どうぞ、宜しくお願い致します。

ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-06 04:49 | 日々の営業
あけましておめでとうございます
いよいよ新しい年もスタート。
今年はどんな年になるでしょうか?

ブログタイトルの固有名詞から歴史を調べると

ビートルズ・・・インドで瞑想・40周年(1968年)

サザンオールスターズ・・・原由子、産休から復帰。「みんなのうた」で活動再開・20周年(1988年)

グループサウンズ・・・GS人気最高潮!タイガースが後楽園球場で初のスタジアム・ライブ。
              当店のマスターと縁深いピンキーとキラーズ「恋の季節」が大ヒット・40周年(1968年)



ついでに
永ちゃん(矢沢永吉)・・・広島から熱い夢を抱いて上京(横浜で途中下車)・40周年(1968年)


キャンディーズ・・・解散コンサート30周年(1978年)

というわけで色々と記念年のようです。


本年も「生バンドで歌える(弾ける)店」ライブハウス21世紀を宜しくお願い致します。

ライブハウス21世紀HPへ
[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2008-01-04 11:29 | 演出