ブログ全体の目次


ビートルズ,サザンオールスターズ,グループサウンズ,ディープパープル,歌謡曲など、なんでも生バンドで歌える店/新宿エンターテイメント・参加型ライブハウス/送別会,歓迎会,結婚式二次会,同窓会,貸切ライブもどうぞ
by hiwatari-21-seiki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2009年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
生バンド同窓会で青春復活!
この日は某有名大学の同窓会。
30年ぶりという顔ぶれもおられる。

幹事さんは通常営業のお客様で、「せっかくなら生バンドで楽しい同窓会に」という事で当店をご利用いただく。

当店のパーティープランはいろんな種類があるが、この同窓会で選んでいただいたのは「ケータリングプラン」。
業者さんとの提携で豪華料理をご用意。
f0001054_4573781.jpg
f0001054_458254.jpg

真ん中のフロアに料理を並べて、周辺の席に座っていただく型。

生バンド同窓会が珍しいせいか、当初の予定よりも人数が増えて満員状態。
f0001054_515535.jpg


某TV局ベテラン有名アナウンサーもこの同窓会のメンバー。
いつのまにかマイクを手に仕切っていただく。
さすがプロフェッショナル!
絶妙のトークが場を盛り上げる。


面白いのは「ライブハウス21世紀」があるビルの上階にオフィスがあるという社長さん。
通常営業でも長らくお世話になっているが、この同窓会で久々に御来店。
「同じビルでやるなら、来ないわけにはいかないよね(笑)。」

という事でこの社長さんのステージが実現。
ギターを掻き鳴らしながら「ジョニーBグッド」を熱唱!
ギターソロも熱く決まる。



他のお客様も当店のハウスバンドをバックに御自慢のノドを披露。
(グループサウンズや加山雄三が楽しい!)
どんどん盛り上がって踊りだす人も。

エンディングは皆さんで肩を組んで大学の応援歌を合唱。
(もちろんバンドでやりました。)

さらに友情が深まって「元気でな!また会おう。」

という事で生バンドによって「熱き青春」を呼び覚ましていただいた様子。
(青春時代の曲は本当に盛り上がりますね。生オケならなおさらです。)

まさに「生涯青春」。
楽しい同窓会をしていただき、ありがとうございました。



ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-01-25 05:05 | 貸切パーティー
ラテンナンバーも楽しめます
当店の若手トランペットプレイヤーがラテンナンバーをレパートリーにしました。
現在のところ「マンボNo.5」「キエンセラ」です。
(益々増加予定中!)

ベンチャーズやビートルズ以前の日本の音楽シーンではラテンがすごく流行ったそう。
(トリオ・ロス・パンチョスやペレス・べラード楽団は有名ですね。)

日本でも東京キューバンボーイズやトリオ・ロス・チカノスなどのラテンバンドが活躍したそうです。

当店のマスターもラテンは十八番。
「ベサメ・ムーチョ」「キサス・キサス・キサス」など時々披露しています。
(お客様でもラテンの上手な人が多いです。)

今夜もラテンで盛り上がります。
(もちろん他のジャンルも熱くやっていますよ!)

掛け声は「ア~、ウッ!」


ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-01-22 18:50 | 音楽・曲
2009マスター・バースディパーティーありがとうございました
この日は当店マスターの?回目のバースディ。
沢山のお客様にお越しいただき、お祝い開始。

いくつもの花束やプレゼントをいただき感謝感謝。
f0001054_1933817.jpg

OBやOGも多数駆け付ける。
みんな元気にやっている様子。

作曲家として活躍中の野井洋児クン、昨年末に待望のメジャーデビューを果たした東野克クンも来てくれた。

そして、大物ゲストは体操業界の重鎮・塚原光男さん。奥様とご来店いただく。
モズライトを手に加山雄三メドレーで盛り上げていただく。
(マスターとは30年近くの友人でおられます。)
f0001054_19463475.jpg


塚原光男氏・・・いわずと知れたウルトラC「月面宙返り(ムーンサルト)」の創始者。
メキシコ・ミュウヘン・モントリオール五輪の金メダリスト。
北京五輪では総監督として活躍されました。

奥様(塚原千恵子さん)も元日本代表。メキシコ五輪に出場。
北京五輪では女子体操の監督として24年ぶりの入賞(5位)に導かれました。

ちなみに息子・塚原直也さんのアテネ五輪・金メダルの祝勝会は当店で盛大にやっていただきました。



当店スタッフのこの日のための出し物はキャンディーズ・スペシャル・エディット・メドレー。
キャンディーズといえば当店の開業の年(1976年)に大活躍のアイドルグループの元祖。
お客様も一緒に振り付けしていただく。

大盛り上がりのマスター・バースディパーティー、皆さん、ありがとうございました。
f0001054_19333982.jpg



ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-01-19 19:34 | イベント
エリック・クラプトン&ジェフ・ベック
エリック・クラプトンとジェフ・ベックの共演が実現するらしい。
(電車の中刷り広告でもデカデカと出ていた。)

この厳しい時代に「音楽の神様」からの励ましのプレゼント?

ジミー・ペイジと合わせて「三大ギタリスト」の名を馳せる二人。

三人とも伝説のバンド「ヤードバーズ」出身というのもスゴい。


いつの間にか、それぞれのスタイルを確立して益々「ギターの神様」状態。
長いキャリアの中でスタイルが段々と変わっていったのを検証するのも面白い。

一番幅広い音楽性は、やっぱりアンプラグドで再評価されたエリック・クラプトン?


個人的にはジェフ・ベックに一番ハマッた。

以前、軽井沢でジェフ・ベック、サンタナ、スティーブ・ルカサーの共演コンサートがあったが(20年くらい前?・・・たまたまテレビで見ました)、ジェフ・ベックの音の存在感は別格だった。
実力派のスティーブ・ルカサーが「憧れの人と共演」という感じで嬉しそうに弾いていた姿も印象に残っている。

まさにギターそのものが歌っている感じのジェフ・ベックのプレイには自分も大きな衝撃を受けた。
(「哀しみの恋人達」でのビブラートで指板がこすれる感じは、まさに歌心。)


クラプトンはやっぱり「ワンダフル・トゥナイト」がフェイヴァレットナンバー。

当店のお客様にもチケットをゲットされた方がおられた。
「帰りに寄るから、クラプトンを歌わせて。」
「もちろんです。熱気を持って来てください。」


ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-01-10 11:59 | アーティスト
生バンドであけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
昨年も沢山のお客様にご愛顧頂き、ありがとうございました。

いよいよ「ライブハウス21世紀」も本日より営業開始です。
(語呂の良い「33年目」に突入です。)



厳しい時代ではありますが、少しでも皆さんの「オアシス・憩いの場」となるべく、努めてまいります。

ビートルズ、グループサウンズ、ディープパープルなどのハードロック、カーペンターズなどの70'sポップス、キャンディーズ・ピンクレディーなどの歌謡曲など皆さんの青春の思い出を刺激出来るようにスタートしていきたいと思います。


どうぞ、本年も生バンドで歌える店「ライブハウス21世紀」を宜しくお願い致します。


ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-01-05 17:17 | 日々の営業