ブログ全体の目次


ビートルズ,サザンオールスターズ,グループサウンズ,ディープパープル,歌謡曲など、なんでも生バンドで歌える店/新宿エンターテイメント・参加型ライブハウス/送別会,歓迎会,結婚式二次会,同窓会,貸切ライブもどうぞ
by hiwatari-21-seiki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2009年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ファミリーで生オケは楽しい!
常連様がファミリーで御来店。
息子さんは早いもので、もう小学校一年生。

「赤ちゃんの誕生、おめでとうございます!」なんて言っていた日から随分経ちました。

という事で、たくましくなった息子くんに歌ってもらうは「さんぽ」。
以前に来てもらったのは、まだ幼稚園の時。
パパの背中に隠れて恥ずかしがっていたのが、今や堂々としたステージの振る舞い。
f0001054_17452244.jpg

歌い終わったら、ちょっと休憩でお休みタイム。
大音量の中をスヤスヤ…。

しかしながら、さすがは息子くん!
ママのステージの時間にはスッキリお目覚め。

お連れの素敵な御夫婦は絢香&コブクロ「Winding Road」で愛のデュエット!

息子くん、夏休みをいっぱい楽しんでね。


『近頃、ファミリーでご来店のお客様も増えています。
先日は可愛い3才のお嬢ちゃんにも来ていただきました!(「ポニョ」上手だったよ!)
パパにはカッコ良いドラムを披露していただきました。』


ブログランキングへ



常連客の山縣さん。
いつもニコニコ元気いっぱい。
他のお客様からも好かれる「目立つ」存在。
f0001054_1616345.jpg

この日は素敵なハイブリッド「プリウス」レディースをナビゲート。
ご学友のKさんがニコニコする中、お得意のプリプリ「M」、サザンオールスターズ「艷色・ザ・ナイトクラブ」で強烈な存在感発揮!

レディースも乗りに乗ってプリプリ「ダイヤモンド」が決まった!
(場内盛り上がり最高潮!)



ゼネコン軍団の皆さんは、ボスが吉田拓郎「シンシア」、風「素晴らしきこの人生」で聴かせてもらう。
(部下の人はお若いのに「夢芝居」!)


いつも渋い歌声で聴かせてくれる業界人のお客様は、お得意の「What A Wonderful World」「ジョージア・オン・マイ・マインド」でおいしいところ取り!


エネルギー溢れる若人軍団の皆さん。
大黒摩季「ららら」、宇多田ひかる「Automatic」、そして中西保志の「最後の雨」が決まった!
(あれっ?ドラムを叩いてもらってないぞ!?)



という事で、皆さんで仲良く生オケを堪能していただきました。

ちなみに当店シンガーの昭和アイドル曲も順調に仕上がっています。
8月21日金曜日は「昭和アイドル・スペシャルナイト」です。

よろしくお願いします。


ライブハウス21世紀HP      
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-25 17:52 | 日々の営業
出張お疲れ様です。ようこそ東京は新宿へ。
初めてのお客様。
京都出身だそう(自分も京都です)。
お仕事で京都と東京を行き来されているそうで、ネット検索よりお越し頂いた。

ビリージョエルがお得意で「素顔のままで」「オネスティ」を甘いボイスで披露して頂く。

邦楽系もお得意で、やしきたかじん「東京」も歌って頂いた。
(やっぱり関西の人は「たかじん」ナンバーをしっかりと押さえている?)


そういえば、最近は他県から出張でお越し頂くお客様が多い。
(特に関西系。近頃、地元に戻る機会が無い自分には懐かしい言葉が飛び交っています。)

先週も大阪からの初めてのお客様にお越し頂いた。


鹿児島からの長年のお客様もお元気な姿を見せて頂きました。
(おみやげ、ありがとうございます。)


ちょうど、ホームページに「東京へ観光・出張でお越しの皆様へ」というページを作りました。
全国に拡がる「生オケ・ネットワーク(観光スポット)」という事で、よろしくお願いします。


東京・ライブハウス



ライブハウス21世紀HP      
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-24 19:35 | 日々の営業
ジュークボックスが輝きを増して復活!
当店には今どき珍しいEP盤用のジュークボックスがありましたが、長年の疲労蓄積(?)により、修理に出していました。
そして先日、輝きを増して復活!
f0001054_172320100.jpg

まさにオールディズの世界を演出しています。

バンドの休憩時間には、どうぞジュークボックスのサウンドもお楽しみください。
(実に温かみのある音です。)
ビートルズやオールディズナンバー、そして何故かピンクレディーや憂歌団も聴けます(笑)。


ライブハウス21世紀HP      
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-23 17:26 | 演出
大人が楽しめる粋(イキ)な遊びは生オケ
大人が楽しめる粋(イキ)な遊びというと、古くからあるのが舞妓さんや芸妓(げいこ)さんとのお座敷遊び。
太鼓や三味線で唄や踊りを披露してくれます。
まさに日本の伝統芸能が活きています。

そこまで歴史は古くないですが、平成の大人が楽しめる粋(イキ)な遊びは「生オケ」(生バンドカラオケ)!?
カラオケが当り前の時代にあって、あえて人間味溢れるバンドマンが伴奏します。
編成はギター・キーボード・ベース・ドラムの四人編成。
時々、フルートなどの楽器も入ったりします。
f0001054_1992653.jpg


昭和30・40年代は生オケが当り前の時代。
高級クラブやキャバレーには必ずバンドが入ってました。
歌番組では必ずビッグバンドが入ってました。
(ザ・ベストテンや家族対抗歌合戦が懐かしい・・・)

自分の先輩プレイヤーには高級料亭のお座敷専門の出張プレイヤーをやっていた人もいます。
(車で待機・お呼びが掛かったら歌本やアンプをお座敷に持ち込んで伴奏したそうです。)

平成の今もその雰囲気を大事にしているのが「ライブハウス21世紀」です。

もともと音楽は人間が奏でる楽器が重なって出来上がるもの。
クラシックのオーケストラや民族音楽もそうです。

カラオケは伴奏に歌う人が合わせますが、生オケは歌う人と伴奏者との呼吸で成り立ちます。
言いかえれば歌う人のペースで歌える訳です。
(伴奏者は歌の人の呼吸を読み取って演奏します。)

音の高さですが、歌う人のキーに合わせられます。
もし合わなかったら、間奏あたりで代えちゃいます。
(どうしても合わなかったらすみません・・・)

生オケで歌える曲は
ビートルズ・サザンオールスターズ・ディープパープル・昭和歌謡・加山雄三・グループサウンズ・コブクロ・ミスチル・キャンディーズ・ピンクレディー・絢香・プリプリ・ローリングストーンズ・エリッククラプトン・平井堅・ボンジョビ・ドリカム・松田聖子などなど挙げたらキリがありません。
生バンドで歌える曲リスト  リストに無い曲でもオーダー頂ければ追加します。)
f0001054_1910211.jpg



どうぞ、生オケ(生バンドカラオケ)で粋(イキ)な遊びを堪能して下さい。


ライブハウス21世紀HP      
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-21 19:01 | 演出
ビートルズVSローリングストーンズ?
長野からお越しのミック・ジャガーばりのお客様。
先日、初めてお越しいただいて絶妙のパフォーマンスを見せていただいた。

この夜は出張ついでにお寄りいただいた。
ミックぶりが見事!
なんといっても腰がやわらかい(笑)。
ローリング・ストーンズ「Ruby Tuesday」「Honky Tonk Women」を生バンドで披露していただく。

一方ではビートルズ・フリークのお客様。
「All My Loving」「Don’t Let Me Down」「I’ve Got A Feeling」「Twist And Shout」などをチームで熱唱!
リーダーは20年以上のお客様で、後輩さんもビートルズ魂を見事に引き継いでおられる。

おまけにビートルズお任せのドラマーさんも登場して大盛り上がり!
(ウチの歌手のレパートリーのレッド・ツェッペリン「ロックンロール」も叩いていただきました。)

早い時間には某大手企業のお客様。
ゲストが「思い出の渚」「大きな古時計」「明日に架ける橋」を見事なテノール・ボイスで聴かせていただく。



「TOKYO FREE ZONE」というイベント企画でお世話になっているお客様は会社の後輩さんをおつれいただく。
この後輩さん、やはりバンドマンで普段はベース担当らしい。
Mr.Children(ミスターチルドレン)の「イノセントワールド」で決めていただいた。

そして、当店でも有名な常連社長さまは十八番の「ガッチャマンの歌」、そして正統派でアリス「遠くで汽笛を聞きながら」。
他のお客様からも熱い声援が飛ぶ。
「誰だ!?誰だ!?誰だ~!?」



ライブハウス21世紀HP      
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-18 17:47 | 日々の営業
長淵剛・whiteberry(ホワイトベリー)で「夏祭り」
同タイトルで違う曲(同名異曲)というのも沢山ありますが、この日に生バンドで歌っていただいたのは「夏祭り」。

長淵剛の「夏祭り」を歌っていただいた常連様。
「夏もそろそろ終わりねと~」で始まる曲。
アコースティックギターが似合う曲で、初期の長淵サウンド。
実に心地の良いメロディと歌詞で昭和にタイムスリップ!

一方ではWhiteberry(ホワイトベリー)の「夏祭り」。
この曲は以前にボーカルスクールの生オケ発表会でやっていただいた曲。
ゆっくり始まって急に激しいリズム。
若いOLさんに生バンドで歌っていただきました。

そういえばジッタリンジンの「夏祭り」ってのもありましたね。
(TV番組「イカ天」でよく観てました。)


他によく歌っていただく同名異曲は「東京」(やしきたかじん・矢沢永吉・桑田圭祐)など。
(まだ何かあったかな?)

ライブハウス21世紀HP      
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-16 05:47 | 音楽・曲
ディープパープルなどハードロックで熱い夜!
最近、よくお越し頂いているデザイン事務所の社長さま。
この日は取引先様と御来店。

繰り広げられたのがハードロックシリーズ!
ヴァン・ヘイレン「Jump!」、ディープパープル「スモーク・オン・ザ・ウォーター」「ハイウェイスター」「ブラックナイト」、クリーム「クロスロード」などを取引先様のドラムをフューチャーしてやっていただく。
f0001054_11425057.jpg

このドラマーさん、実にパワフルでグイグイと乗せてくれる。
社長さんのシャウトも全開!
(ハイトーンが伸びる伸びる!)

お話を聞かせていただくと、モロにハードロック世代だそう。

近頃、この世代のお客様が大活躍。
そういえば、「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を王様バージョンで歌う常連様もおられる。


自分もギターを始めたのはハードロックがきっかけ。
(マイケル・シェンカーは特に聴きました。)
ハードロックのみならず、ヘビーメタル、ラウドネス等のジャパニーズメタルなど大音量系をよく聴いて練習していました。
(テキストは「ヤングギター」や「ロッキンF」。)


なんだかんだ、閉店近くまで熱いセッションでお付き合い頂きました。


当店で生バンドで歌えるハードロック系
ディープパープル、レッド・ツェッペリン、ボンジョビ、ヴァン・ヘイレン、クィーン、レインボー、キッス、エアロスミスなど(益々増やします!)


ディープパープル




ライブハウス21世紀HP      
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-11 11:42 | 音楽・曲
野井洋児氏、藤木直人氏へ楽曲提供!
当店OBで作曲家として活躍中の野井洋児氏がまたまたやってくれました。
俳優としても有名な藤木直人氏への楽曲提供です。

8th album「octave」収録の七曲目「Loop」が彼の作品です。
とってもメロディの覚えやすいPopナンバーです。

野井君の作品はメロディがしっかりとしています。
また、コード進行がとっても「意味のある進行」となっています。

どんどんと楽曲が複雑さを増している中で「覚えやすい」「耳に残る」というのは非常に大事なことだと思います。

そんな彼のこれからの作品が益々楽しみです。

「野井君、がんばれ!」(マスター及びスタッフ一同)


ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-09 05:36 | アーティスト
J-WALK「何も言えなくて夏」で生バンドデビュー!
先日の「社会人バンド交流会」で大活躍していただいたお客様が通常営業に参上!
お得意のクィーンを始め、ビートルズも生オケで楽しんでいただく。

お連れ様は富山からお越しの社長様。
生オケは初体験ということでJ-WALK「何も言えなくて夏」、布袋寅㤗「POISON」を歌っていただく。
「いやぁ~、楽しいね~」の言葉に我々も上機嫌で伴奏。
(ありがとうございます。)


久々のお客様はCCR「雨を見たかい」(キーが高いのに原調で!ハイトーンで決めていただきました。)、部下の人はお若いのにビートルズ好き。「She Loves You」などを難なく決めてもらう。
(先日の「ビートルズ祭り」のレディースバンドさんもそうでしたが、若い世代の人にも脈々とビートルズが引き継がれています。)


久々の常連社長さまはお得意のアニメシリーズ。
「宇宙戦艦ヤマト~デビルマン~ガッチャマン」メドレー、そして「あしたのジョー」も渋く決めていただいた。
(やっぱりアニメ系は小さい頃に戻れます。)

お誕生日の常連様が登場。
(20歳代からお越しいただいていて、今や中堅どころの常連様です。)
十八番の郷ひろみ「Gold Finger99」が決まった。
(みんなでアーチーチー、アチー!」おめでとうございます!)


これまたHOTな夜でした。


ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-08 17:47 | 日々の営業
社会人バンド交流会2009・社会人はエネルギッシュ!
今年で三回目を迎えた「社会人バンド交流会」。
過去最高の10組に参加して頂きました。

まずは、とってもキュートなユニット「mayamari」さんが登場。
丁寧なピアノに透き通ったボイスが絡む。
聴いていて実に心地が良い。
f0001054_17483437.jpg

応援の男性ボーカルも入ってサザンオールスターズ「真夏の果実」。
(さて、何回、視線が合ったでしょうか?)




続いては個人参加の芝間さん。
ギブソンのアコースティックギターで登場。
f0001054_1749417.jpg

ボサノバや歌謡曲、そしてベンチャーズまでもアコースティックで奏でる。
(リズムマシンも大活躍)
多数の応援団にもお越し頂きました。




そして21世紀初登場のランブリングコヨーテさん。
トリオ・ロックバンドで重厚な音を醸し出す。
f0001054_1750951.jpg

都内や横浜方面でオリジナル曲を中心に活動されている。
(また宜しくお願いします。)




そして、今回の目玉、michiruさんの登場。
毎回ハードな音を聴かせてくれるメンバーが今回はなんとJ-Pop!
キュートなベースさんを交えた4人バンド。
f0001054_17505554.jpg

しかしながら、やっぱりギタリスト黒木さんのソロはラウドサウンド!





続いては、このイベントに欠かせない「らりるれロッカーズ」さんが登場。
歌謡曲を独自のアレンジで表現。
メンバーの奥様や息子さんも参加してのアットホームロック!
f0001054_1751314.jpg

リーダー中島さんのシャウトは疲れ知らず。
ドラム栗山さんはエレドラも駆使して多彩なプレイ。
「おまえも雛人形にしてやる~」は大受け。





続いては個人参加のランキル井戸さん。
普段はバンドで動いておられるそうだが、今回は弾き語りでランキルワールド。
f0001054_17515679.jpg

MCも冴えておいしいところ取り。





そして、この日の音量最大バンド「HOD」さんが登場。
歌が消えるほどの音量。
(もうこれ以上ボーカルを上げれません~)
f0001054_17522848.jpg

ギターそしてベースがゴリゴリサウンド。
(社会人パワー恐るべし・・・)





続いて「GRAND PANCHO」さん。
昨年に引き続いての参加。
アメリカン魂でグランドファンクレイルロード等をやっていただく。
f0001054_1753793.jpg

サウンドも衣装も決まった。
(頭が暑そう・・・)





そしていよいよクィーンのお時間。
衣装も仕掛けも胸毛(!)もまさにフレディー!
ドラムの人も熱かった!
ギターの人は歌でも活躍。
サポートのベースさんも短期間のリハに関わらず、見事に奏でる。
f0001054_17535587.jpg

ボーカルさんのお嬢様も来られていて、パパの雄姿を堪能。






ここでトリのバンドが登場のはずが、お仕事が長引いて未だ到着せず(まさに社会人!お仕事おつかれさまです。)

そこでKISSセッションの開始。
こちらもラウドにシャウト!
場内大合唱!





そして、お仕事から駆け付けたメンバーさんが到着でいよいよファイナル。
昨年も登場のK・Kidsさんのお時間。
気心知れた長年のメンバーで、ロックの王道The Whoなどを演奏してもらう。
やっぱりロックの原点はトリオ!?
(そういえば誰かが7thコードはロックには邪道だ、と言っていたなぁ~。シンプル・イズ・ベストか!?)
f0001054_17584753.jpg

(写真が撮れませんでした。すみません。昨年の写真です。)






以上、様々な個性派出演者揃いで盛り上がりました。
数十年前に一緒にバンドをやっていた人が「あれ、なんでいるの?」「そっちこそ!」という感動の再会もあり。

参加者もお客様も長時間おつかれさまでした。
次回はいよいよ2days!?


ライブハウス21世紀HPへ PC用   携帯用    
地図   
通常営業の料金システム



[PR]
by hiwatari-21-seiki | 2009-07-03 18:04 | イベント